Maserati Levante

マセラティ レヴァンテ

レヴァンテは、初めての「マセラティのSUV」です。オプションのBowers & Wilkinsのサラウンド・サウンド・システムは、マセラティとB&Wの両社チームによるエンジニアリングとデザインにおける徹底的な協働により、細部に至るまでレヴァンテのゆとりある車内空間に合わせて特別に設計され、音響的に最適化されています。このシステムがお届けするのは、妥協のない、ベスト・イン・クラスのサウンドです。

Advanced materials

先進素材

マセラティ・サラウンド・サウンド・システムには、当社の先進Hi-Fiスピーカーの多くに使用され、効果が実証された音響イノベーションが統合されています。ケブラー(1970年代Bowers & Wilkinsによりスピーカーコーンの素材として導入)などの素材は、音響研究開発に対する当社の長年の取り組みの結果選ばれたものです。スピーカーシステムの原材料には、最高のものしか選択してはいけないからです。

スピーカーの位置

Bowers & Wilkinsのサラウンド・サウンド・システムは、後から付け足されたものではなく、車の設計と統合されている機能です。可能な限り最高の音をもたらすために考え抜かれた配置で、17基のスピーカーユニットが車内構造に組み込まれています。

完璧な音にチューン

スピーカーシステムのチューニングは芸術です。専門家の聴覚と長時間にわたる試聴を必要とします。マセラティ・システムは、Bowers & Wilkinsのフラッグシップ機「800 Series Diamond」の担当エンジニアが車ごとに異なる車内環境に合わせてチューニングしています。

Immersive sound

臨場感あふれるサウンド

サラウンド・サウンド・システムは、マセラティ車内での音のディテールとクラリティのレベルを引き上げました。その上、システムの構成と先進デジタル機能により、車内のどの位置でも実に臨場感あふれるサラウンド・サウンドが生み出されます。ですから、この素晴らしい音は車内の誰もが体験することができるのです。

Copyright © 2017 Bowers & Wilkins. All rights reserved.