Nautilus

ノーチラス™はB&Wの真価を示すものです。 5年間の研究プロジェクトを経て製作された究極のラウドスピーカーは、現在、発売から16年目を迎えます。 そのサウンドと外観は他のラウドスピーカーとは異なります。

Nautilus

現在では設計的古典と評価されているBowers &Wilkins独自のテクノロジーであるノーチラスは、B&Wのフラッグシップ・コンポーネントであるだけでなく、他のメーカーが羨望の目を向ける革新的な先端技術です。それは、先駆的な5年間にわたる研究開発プログラムから生まれたパーフェクトに限りなく近いラウドスピーカーです。

B&Wのノーチラスは、傑出したラウドスピーカーとして世界の賞賛を受けており、オーディオ業界の将来を方向付けるものと考えられます。既に愛好家の高い評価を受けているノーチラスは、本格的オーディオマニアを念頭にした綿密な設計が施されており、サイズと形状の独自性だけでなく、クロスオーバー・ネットワークをプリアンプとパワー・アンプの間に配置するというアクティブ・デザインを採用しています。すなわち、完全なノーチラス・システムは、ステレオ・プリアンプ1機とモノブロック・パワー・アンプ8機またはステレオ・パワー・アンプ4機を必要とします(推奨アンプ出力:中高周波帯域100ワット以上、低周波帯域ドライブ・ユニット用増幅500ワット)。

ノーチラス™
技術的特徴 ノーチラス™チューブローディング

アクティブ・クロスオーバー
構成 4ウェイ・チューブローディング・スピーカー・システム
ドライブ・ユニット 1 x 300mmアルミニウム・コーン・バス

1 x 100mmアルミニウム/ポリマー・サンドイッチ・コーン・バス・ミッドレンジ

1 x 50mmアルミニウム・ドーム・アッパーバス・ミッドレンジ

1 x 25mmアルミニウム・ドーム・トゥ イーター
再生周波数帯域 10Hz~25kHz(-6dB)
再生周波数レスポンス 40Hz~20kHz(±1dB、基準軸上)
指向性 偏差2dB以内(基準軸上)
水平: 60°以上
垂直: 10°以上
クロスオーバー周波数 220Hz、880Hz、3.5kHz
パワー・アンプの条件 スピーカーあたり4チャンネル、定格

100W~300W(連続)、

8Ω、ノンクリッピング

(各チャンネルのゲインとフェーズは同一でなければならない)
高さ: 1210mm
幅: 430mm
奥行き: 1105mm
スピーカー: 44.5kg
台座: 42kg
総重量: 86.5kg
仕上げ ミッドナイト

ブルー

シルバー

Copyright © 2018 Bowers & Wilkins. All rights reserved.