1966年、ジョン・ボワーズと彼の生涯の友であるピーター・ヘイワードはイングランド南部の港町ワーシングにB&W Electronicsの名称で会社を設立。二人は質素な生活を心がけ、利益は事業に再投資することで完璧なスピーカーを作り上げるための研究を続けることをモットーとしていました…

Beginnings

1965: 始まり

Bowers & Wilkinsは現在では世界中に販売チェーンや顧客を有する大きな企業です。ジョン・ボワーズは、友人のRay Wilkinsと共同経営する電気店の裏で、ウェスト・サセックス州ワーシングの地元の顧客のためにスピーカー・システムを手で組み立てることから始めました。

B&W Electronics Ltd

1966: B&W Electronics社

ボワーズは、ミス・ナイトという老婦人からの遺産をもとにB&W Electronics Ltd. を設立します。彼女はボワーズのクラシック音楽についての造詣の深さとボワーズに製作してもらったスピーカーに感銘を受け、彼が事業を起こすための資金として1万ポンドを贈与すると遺書に記していたのです。

P1

1966: P1

Bowers & Wilkinsは最初の市販スピーカー「P1」を製作します。キャビネットとフィルタは、Bowers & Wilkins製でしたが、ドライバは他社の製品でした。ボワーズは、このスピーカで得た収益を測定装置に投資します。

Domestic Monitors

1968: 家庭用モニター

B&Wは、常に最高のスピーカーを幅広い価格帯で製造することを目標にしてきました。より多くの顧客に向けた家庭用モニター、DM1とDM3が手頃な価格で発売されました。DM(Domestic Monitor)の哲学は、何世代にもわたって優れた性能を備えかつ手ごろな価格としてスピーカーに生き続け、受賞経験のある600シリーズへと引き継がれています。

Community discussion

Find out what Bowers & Wilkins customers and audio enthusiasts are talking about on our blogs, and read in-depth articles in the Sound Lab.

Copyright © 2017 Bowers & Wilkins. All rights reserved.